モンスターペイシェントの増加についてどう思いますか?患者さんを「〇〇様」と呼ぶことに違和感はありませんか?

モンスターペイシェントの増加についてどう思いますか?患者さんを「〇〇様」と呼ぶことに違和感はありませんか?

pixta_1802701_S.jpg医療に従事している方であれば、十分に納得できると思うんですが、昔と比べると、
患者さんと医療従事者の関係性がかなり変わってきています。
昔は、ドクターと言えば偉い存在で、「お医者様」と言われていました。
ドクターの言う事は絶対的で、文句をいう患者さんなんてまずいませんでした。
ドクターの言う事を黙って聞いていれば、病気を治してもらう事ができる、というイメージがありました。
ところが、現在は、患者さんが「患者様」と呼ばれていて、医療従事者は患者さんにサービスをさせて頂く、
といったイメージに変わっています。
そのような状況が決して悪いとは思いません。
患者さんの尊厳を重視するようになって、患者さんの立場に立った医療を提供する事ができていると思います。
でも、患者さんが医療従事者よりも上の立場にあるという感じに変わってきた事で、
勘違いをする患者さんが増えてきています。
モンスターペイシェントという言葉を聞いた事があると思いますが、そう呼ばれる患者さんが増加しているんです。

モンスターペイシェントは、病院側に対してクレームを言ったり暴言を吐いたりするだけではなく、
暴力行為をして脅してくる方もいるんです。
無茶な処方を要求したり、治療が上手く進まない事で逆恨みしたり、理不尽で自分勝手な事を平気で要求してきます。
病院というのはサービスを提供するところではないと思いませんか?
病院は、医療を提供している場です。
患者さんを尊重する事はもちろん大事ですが、過剰なサービスを要求してくる事については、尊重する事はできません。
医療には限界がありますし、患者さんの思い通りに進む事ばかりではありません。
このような状況ですから、現在、医療従事者はかなりのストレスを抱えている状態です。

2014年11月10日|