今までで一番印象に残っている患者さんはどんな方ですか?

今までで一番印象に残っている患者さんはどんな方ですか?

aca37621259ea5ad5c4c5b0401307e91.jpg
今までにいろいろな患者さんと接してきましたけど、一番印象に残っているというか、忘れられない患者さんがいます。

その患者さんの事は決して忘れる事ができませんね。

忘れられない患者さんというのは、一緒に仕事をしてきた方です。

その方は、病棟の雑用とか、看護師では手が回らない雑用などをやってくれる補助看だったんです。

その方は仕事がすごく丁寧で気が回るので、職場のみんなに信頼されていて、その方と一緒に仕事をすると、仕事がすごくスムーズに進んだんですよね。

私の職場では定期的に健康診断があるんですけど、彼女はその健康診断でひっかかってしまったんです。

精密検査をしたところ、脳腫瘍が見つかったんです。

すぐに入院になったんですけど、進行が早くて、みるみる衰弱していきました。

人にはわからない相当な痛みを伴っていたはずなのに、スタッフの私達に気を使って、元気そうに振る舞っていたんですよね。

まだ40代だったんですよ。

子供もまだ高校生で、どんなに辛かったかと思うと、たまらない気持ちですよね。

一緒に働いていたスタッフを看取るのは、始めてでしたけど、とても辛かったです。

彼女は、最後まで笑顔を絶やさなかったんですよね。

死と向き合っている状態なのに、周りへの気配りを忘れないで、子供の前でも弱音をはく事は一度もなかったですね。

そのような彼女の強く生きる姿を見て、自分も強く生きていこうという気持ちになったんですよね。

今でもその気持ちは変わっていませんね。

彼女と一緒に仕事をしていた事や、彼女の様子は、仕事中に今でもよく思い出すんですよね。

彼女には本当に感謝していますし、彼女と出会った事で、自分自身とても沢山の事を学ぶ事ができましたね。

2015年12月16日|